FC2ブログ




【自己紹介】ヒモスト師あずま

あずまと申します。
私は既に結婚しており主夫として人生のゴールを迎えてしまいました。
ナンパは私より上手な方が沢山いらっしゃると思います。
私は良いヒモになる技術を教える仕事がしたいです。

2011年 ナンパデビュー

男子校卒でそもそも女性に不慣れでした。
根っからのオタクで趣味はカードゲーム。
2ちゃんねるに影響されナンパを決意、その後3ヶ月間で地蔵のやり方を学びました。
しかしその努力をナンパの神様は見て下さっていたようで運命のナンパ師匠との出会いがありました。

~初めての即~

ナンパを始めて半年、ナンパ理論を徹底的に学び、師匠のナンパにおける言葉選びや一流の所作もこの目に焼き付けた。
それでも即は出来なかった。
私は自身のナンパに何かが不足しているのではないかと考えた。
そこで新たなネタを作り次のナンパに備えた。
そうこうしている間に2~3週間が過ぎた。
問題は次のナンパ資金がほとんど残っていないことだった。
数少ない友人たちは成功の望みのない行為に金を注ぎ込んでいると呆れていたが、私の熱意はまだ失われていなかった。
師匠が連れ出しの為の資金を貸してくれ、再びナンパが出来るようになった。
新たなネタを右脳に刻み込み、私は再び路上ナンパを開始した。

最後の、文字どおり「後のない」ナンパだった。
新たなネタを使い、連れ出しに成功、心は燃え上がり、ギラ加減も上昇していくが、即は見えない!
必ず即ると誓って受け取った資金も底がつきそうになっている。
この女性を逃さない為にどうすればいい?
財布にオリンピック記念硬貨5000円玉がある!
これなら資金代わりになる。
この連れ出しを放流に終わらせるくらいなら記念硬貨を犠牲にしても構わない。
父から譲り受けた記念硬貨を会計に投じた。
必ず即ると心は燃え盛る。
だが、どうだ、ホテルグダを崩せない!
あと、一軒だけ回れたら、何とかなるかもしれない。
なんとしても資金を手に入れなくては・・・。

カラオケ店に入店し受付を済ませる。
私は薄く軽い財布と共にその身を薄暗いカラオケルームに投じた。

「譲り受けた資金が無くなったので、記念硬貨を使うしかなかった、それも使い果たしたので後払いのカラオケ店に入るしかなかった。私はそのとき、言いようのない不安に襲われていたのだ。辛いガンシカと靴ずれのせいで、心も身体も萎えていた。三ヶ月以上右脳からナンパは離れることがなく、手を貸してくれていいはずの友人でさえも私が無駄な行為に全てを注いでいると言いふらしている。『就職出来なくても自業自得だよ。本業に身を入れないからだ』」

再度ギラつくも反応は良くない。
会計時の破滅が目に見えているように思われたが、

「・・・そんなにしたいの?」

!!
希望の光が見えたので、私は、ナンパする以前の自分や今の気持ちをありのまま言葉にした。同時に雰囲気を作る作業に入った。即をするのが目的だ。だがその前にどうやってここの支払いを済ますかが問題だった。

「悪い、ここの支払いを頼む。金は必ず返す。」

「出してあげるよ。楽しい時間をありがとう。」

私は即の秘訣を知った。その後は言うまでもない。

~現在~

様々な女性とストで出会いヒモ化を経て、超高学歴白人美女と結婚。共にアメリカに行き大統領SP兼州警察長官の養父と総合病院経営者の養母の元で優雅なネットサーフィンに興じておりました、今は嫁と一緒に日本に戻り気楽な主夫としてたまにストってます。

あずまのTwitter

・容姿
 パッと見普通だけどよく見るとイマイチ
・ナンパスタイル
 楽しい雰囲気作り
・連れ出し後
 立ち振る舞いをスマートに笑いを交えつつ惚れさせる
・活動地域
 東京もしくは福岡

まだまだ未熟者ですがよろしくお願い致します
スポンサーサイト



[ 2015/05/03 14:57 ] 自己紹介 | TB(-) | CM(3)